• ホーム
  • 失敗から学ぶ!みんなが間取りの作りで失敗したと感じる部分をご紹介

失敗から学ぶ!みんなが間取りの作りで失敗したと感じる部分をご紹介

2019年11月14日

注文住宅を購入する場合、間取りの作り方で失敗したと感じている人が多くいます。完成してみないと分からないもので、後になって使い勝手が悪くと思う人がいるでしょう。最も多いのが配線の失敗で、コンセントの位置が使いづらかったり、数が足りないなど配線の失敗は多く見られます。注文住宅を購入する際、間取りの作る方として配線を利用する必要な場所や個数などをイメージしてから設置することをおすすめします。

コンセントは使う家電などを図面に描き込んだり、使う場所に必要な個数がきちんとあるか確認しておくと便利です。常時使わないような季節家電なども忘れずにチェックしておき、一般的に延床坪数と同数が目安と言われています。照明スイッチなどは生活動線に合った場所に設置してみて、日頃動くことが多い生活動線も考慮しながらコンセントの位置を決定していきましょう。

収納スペースの失敗も多く収納が不足していたり、収納場所が不便なことが多いです。アイテムを出したり使ったり、片付けるシーンをイメージしておき、間取りに反映することをおすすめします。
収納は床面積より壁面積の広さで収納量が決定されるので、奥行きが深過ぎても無駄になることがあります。部屋の広さも重要で、部屋が広過ぎたり狭過ぎるのも良くなく、空間のバランスが悪いと失敗することが多いです。限られた部屋の広さをどのように配分すればよいのか検討しましょう。

窓の位置や数も大切で、少な過ぎると家の中が暗くなったり、風が入ってこなくなります。あまり大き過ぎる窓にすると掃除が大変だったり、外からよく見える状態になるので注意が必要です。間取りを決める場合、窓の位置や数にもこだわりが必要で、バランスの良い配置が求められます。

音の伝わり方も重要で、足音や話し声、テレビの音や食洗機の音など、生活するにおいていろいろな音があります。最近はオープンLDKが多いので換気扇や食洗機の音などが、リビングに伝わることが多いです。音の伝わり方にも配慮が必要で、特に寝室などは静かな空間に仕上げるようにしましょう。

ニオイにも注意が必要で、特にキッチンでの音やニオイなどの発生源を図面に描き、近くにリビングや寝室などがないか確認しておくことをおすすめします。動線の混乱などはストレスになるので、家族の行動パターンをよく考えてから間取りを決めていきます。家事する順序や時間なども考慮し、何をどのような順序でいつ行うかということをポイントにしていきます。

関連記事
おすすめできる住宅ローンの特徴とは?良い住宅ローンを選ぼう

住宅ローン住宅を購入する時に利用するローンで、購入する住宅を担保にしお金を借りる商品です。自己資金だけでは住宅を買えない場合、銀行などが住宅を担保にすることによってお金を貸してあげるということで可能になります。担保は借金のカタのことで、ローン返済できない場合は担保を売却することで返済にあてることが可...

2019年10月29日
窓の断熱で冬も快適に過ごそう!いくつかの方法を教えます

窓を断熱することによって冬でも快適に過ごすことができる方法がいくつかあります。例えばガラスで断熱することができ、効果的なのが断熱効果のあるガラスに変更することです。複層ガラスや高断熱複層ガラスなどがあり、複層ガラスは二重窓になっていてガラスとガラスの間に金属が挟んであります。この空間によって遮音効果...

2019年11月29日
担当した営業マンが重要?ハウスメーカーの良い営業マンを見極めるコツ

通常ハウスメーカーの住宅展示場などを見学すると、その時応対してくれた営業スタッフが担当者として窓口になってくれることが多いです。スタッフを見極めるにはいくつかコツがあり、購入後のことも考えてくれるような信頼性の高い人を選択するようにしましょう。住宅を考え始めると住宅展示場に行く人が多く、アンケートに...

2019年10月11日
ハウスメーカーを比較するときのポイントを抑えておこう

注文住宅を建てる場合、ハウスメーカーを選ぶにはいくつかポイントがあります。業者に見積もりしてもらい、自分の予算内であれば契約することになりますが、複数の業者を比較検討してみて見積もり内容や金額の内訳・坪単価なども確認しておくことをおすすめします。大事なのが住宅の安全性で、家族の安全を考えた時に耐震性...

2019年09月24日
ハウスメーカーによって「坪単価」が違う理由とは

ハウスメーカーの広告で目にする坪単価という言葉がありますが、業者を探したり住宅商品などを選択する時、いくらで注文住宅を建てることができるか建築費用の比較に利用している人が多いです。ハウスメーカ-によって本体価格の出し方や外構費用などを含む範囲が異なることがあるので、坪単価が業者によって違う特徴があり...

2019年09月11日