• ホーム
  • ハウスメーカーによって「坪単価」が違う理由とは

ハウスメーカーによって「坪単価」が違う理由とは

2019年09月11日
おしゃれな家

ハウスメーカーの広告で目にする坪単価という言葉がありますが、業者を探したり住宅商品などを選択する時、いくらで注文住宅を建てることができるか建築費用の比較に利用している人が多いです。ハウスメーカ-によって本体価格の出し方や外構費用などを含む範囲が異なることがあるので、坪単価が業者によって違う特徴があります。この単価は建物の延床面積1坪(約3.3m2)あたりに建築費用がいくらかかるか算出したもので、価格の出し方として一般的に、注文住宅の本体価格/延床面積(建物の床面積合計)=坪単価になります。例えば本体価格が2,000万円で延床面積が40坪の場合、2,000万円/40坪=50万円という出し方をするので坪単価50万円です。

ハウスメーカーの標準プランや施工例などの金額を延床面積で割ると、どのハウスメーカーが最も安く建築することができるか分かりますが、実はそうとは言いきれません。ハウスメーカーによって、この単価計算の方法が違うからです。
例えば坪単価を出すのに本体価格にプラスして照明器具やエアコンなどの費用が含まれている業者があれば、含めていないところもあります。外構費用などが含まれているケースもあり、本体価格にプラスされる範囲が違うので、同じ仕様や規模・間取りの家でもハウスメーカーでは単価が違うことが多いです。
ハウスメーカーによっては家本体の価格を延床面積ではなく施工面積で割るケースがあり、各階の床面積を足した面積が延床面積ですが、施工面積の場合玄関ポーチや吹抜けなどの延床面積には含まれない部分が加算されていることがあります。玄関ポーチなどは延床面積より大きな数字で割るので、同じプランだとしても単価は安くなる計算です。

坪単価の出し方については共通ルールがなく、メーカーによって算出方法が違うので複数のハウスメーカーでの建築費に関して高いか安いかを比較する材料にはできないでしょう。単価が上がったり下がったりするのは、同じ延床面積だと本体価格が高ければ高いほど単価は高くなります。本体価格が安ければ安いほど単価は下がる仕組みです。

本体価格に影響するのはデザインや設備などの価格になります。価格の安いシステムバスや外壁材などを使用すると、本体価格を抑えることができ、結果的に坪単価が低くなります。しかし設備や内装などのグレードが低くないのに、単価が低い家もあるでしょう。これは標準仕様として設備やドアなどの種類を絞り込んだり、事前に大量に仕入れておきコストを下げるといった工夫が行われているからです。ハウスメーカーを選ぶ際、坪単価で比較するより標準仕様にどのような設備が含まれているか、ドアなどの内装材や外壁材のグレードなども確認しておきましょう。

関連記事
おすすめできる住宅ローンの特徴とは?良い住宅ローンを選ぼう

住宅ローン住宅を購入する時に利用するローンで、購入する住宅を担保にしお金を借りる商品です。自己資金だけでは住宅を買えない場合、銀行などが住宅を担保にすることによってお金を貸してあげるということで可能になります。担保は借金のカタのことで、ローン返済できない場合は担保を売却することで返済にあてることが可...

2019年10月29日
失敗から学ぶ!みんなが間取りの作りで失敗したと感じる部分をご紹介

注文住宅を購入する場合、間取りの作り方で失敗したと感じている人が多くいます。完成してみないと分からないもので、後になって使い勝手が悪くと思う人がいるでしょう。最も多いのが配線の失敗で、コンセントの位置が使いづらかったり、数が足りないなど配線の失敗は多く見られます。注文住宅を購入する際、間取りの作る方...

2019年11月14日
担当した営業マンが重要?ハウスメーカーの良い営業マンを見極めるコツ

通常ハウスメーカーの住宅展示場などを見学すると、その時応対してくれた営業スタッフが担当者として窓口になってくれることが多いです。スタッフを見極めるにはいくつかコツがあり、購入後のことも考えてくれるような信頼性の高い人を選択するようにしましょう。住宅を考え始めると住宅展示場に行く人が多く、アンケートに...

2019年10月11日
ハウスメーカーを比較するときのポイントを抑えておこう

注文住宅を建てる場合、ハウスメーカーを選ぶにはいくつかポイントがあります。業者に見積もりしてもらい、自分の予算内であれば契約することになりますが、複数の業者を比較検討してみて見積もり内容や金額の内訳・坪単価なども確認しておくことをおすすめします。大事なのが住宅の安全性で、家族の安全を考えた時に耐震性...

2019年09月24日