きれいな家

大手ハウスメーカーはテレビCMや住宅展示場などでよく目にしますが、工務店の場合はその特徴が見えにくいところがあります。家造りの依頼先としていろいろな業者がありますが、どれが良いのか迷っている人もいるでしょう。注文住宅を依頼する場合、いろいろな事前に調べておいたり準備することが大切です。

ハウスメーカーの場合、モデルハウスや見学会などでその特徴を知ることができ、営業マンと直接相談することができます。工務店でも建築途中の家を公開している構造見学会や、デザインを確認することができる完成見学会に参加することが可能です。モデルハウスや完成見学会などを利用して、自分の希望に合った業者と契約することをおすすめします。

工務店の場合、施工エリアがだいたい決まっていて地域密着型が多いです。その業者で家を建てた人から直接ヒアリングすることができたり、何を大切にして家造りを行っているかはインターネットのホームページなどからチェックすることがです。一般的に工務店の場合、プランの自由度が高く、例えば自然素材を活かした注文住宅に仕上げたり、木材を中心したオリジナリティの溢れる家など、クライアントの希望やニーズに応じて対応してくれます。自分の好みとマッチしているか確認しておくと便利です。

ハウスメーカーは企業規模が大きいので、信頼度が高かったり耐久性などを研究しているのでいろいろな優良な素材を利用しています。その分費用が高くなりますが、長期間において安心して利用することが可能です。工務店の場合ハウスメーカーと比較すると企業規模が小さいですが、プランの自由度が高いメリットがあります。工務店によって施工の品質や建築した後のメンテナンスなどの対応に違いがあるので、施工エリアでの評判や注文住宅の特徴・見学会などでの対応などを確認してから業者を選ぶことをおすすめします。

工務店の場合、間取りや外観などのプランをクライアントと一緒に作ることが可能です。一般的なシステムキッチンを使用したり、オリジナルキッチンを設置することができます。床はムク材を使ったり、いろいろなアレンジを行うことができるのでプランの自由度は高いです。

ハウスメーカーの場合、用意されている商品として、自由に間取りを作成することができる自由設計型や、間取りパターンや標準設備から選ぶ企画型なのが用意されています。間取りは一定パターンにアレンジを加えていき、浴室などの設備や外壁材などについて標準仕様から選択することが可能です。工務店と比較するとプランの自由度は低いですが、建てた後のメンテナンス体制が確立されているので信頼度が高いと言えます。住宅の規模や時期などにもよりますが、工務店だと工期は約4カ月~5カ月ぐらいで建てることができ、ハウスメーカーの場合は約3.5カ月です。

ハウスメーカーの方が工期が短いですが、全体的な流れがシステム化されているので効率良く建築することができます。費用やデザイン・間取りなど、いろいろなことを比較検討してみて自分の要望に合った業者を選ぶことをおすすめします。